命にかかわる血圧破裂

病院で原因を見つけ最低血圧差や高血圧対応と食生活

高血圧は遺伝的要素でなる人もいますが多くは環境によってなるもので、運動不足や肥満そして精神的なストレス、喫煙や飲酒なども影響します。また、食塩の取りすぎが多くの人にみられます。高血圧は症状がでにくいものですから、普段の生活がなりやすい環境であるなら、定期的に計測を行うようにするべきです。

加工食品は塩分表示がしっかり出ているものばかりでないため、危険な食品です。普段から良く食べる人はなるべく控えるようにして、自分で塩分量をはかって作ったものを食べるべきです。ナトリウムが体内に多くあると血液中に溜まるようになり、薄めようと水分も多く蓄えるようになります。そうすると縦貫血流量が増加して血圧が高くなってしまいます。

高い血圧と最最低血圧差があまりなくなると体調が悪くなることがあります。高血圧で薬を処方されている方は注意すべき点で、特に薬に作用してしまう危険な食品を食べてしまうと、急激に血圧が下がることで最最低血圧差がなくなることがあります。呼吸が苦しくなって酷いときには起き上がることもできなくなることがありますから、薬の服用の仕方は医師や薬剤師からしっかりと指導を受けて、危険な食品を避けるようにします。

交感神経が原因で最最低血圧差がなくなることもあるため、脈圧が小さい状態である上と下の差が薬を飲んでいなくても普段から差が少ない人は、循環器の専門病院を受診し検査を受けるなどすると良いです。

血圧の変化は心臓や内分泌による影響で起きることもありますから、病院に行かずに食事の塩分だけ気を付けて治そうとしても改善されないことがあるので、しっかりと原因を突き止めてから対応を行っていくことが症状改善の近道です。